HOME » 外壁リフォームなんでもQ&A » 遮熱・断熱塗装ってどんなもの?

遮熱・断熱塗装ってどんなもの?

外壁塗装の遮熱・断熱塗装の違いについて、分かりやすくまとめました。

遮熱塗装とは

遮熱塗装は、熱を反射する塗料を用いた工法です。太陽光を効率よく反射することで、建物が受ける熱の影響を低減させ、建物内の温度の上昇を防ぎます。

また、消費電力の定価にも繋がるため地球温暖化対策に適した塗料とも言われ、環境に優しい塗料として注目されているのです。

遮熱塗料を屋根に施すと、屋根自体の温度は15~20度ほど下がるそう。特に、ロフトや屋根裏収納、勾配天井などで効果を体感できるケースが多いようです。

遮熱塗料には色々な種類がありますが、耐候性に優れているのはセラミック系。色は白に近いものほど反射率が高いため、明るい色を選ぶのがおすすめです。

断熱塗装とは

断熱塗装は「熱をためこむ」塗料を用いた工法です。太陽光の熱を塗膜にためこむことで、熱の伝わりを抑える働きをもっています。夏は室内への熱の伝わりを抑制し、冬は室外へ熱が逃げてしまうのを抑える保温効果に優れているのです。

断熱塗料は、遮熱塗料の3倍の厚みがあり、塗膜内に作られる空気層によって熱の伝わりを抑制します。

代表的な断熱塗料は、日進産業のガイナ塗料です。断熱塗料も遮熱塗料と同様に、表面温度を15~20度ほど低減できます。

遮熱塗料と断熱塗料の一番の違いは「冬場の効果」

それぞれ、メリット・デメリットはありますが、遮熱塗料は、夏場の強い日射しによる熱を抑制する機能に優れているため、ヒートアイランド対策が期待できます。

一方、断熱塗料の場合は、年間を通して冷暖房費の削減に繋がりますが、光を反射する力は不十分なため、ヒートアイランド対策には効果がありません。

遮熱塗料は、夏場の暑さ対策には適していますが、冬場も同じように日光を反射してしまうので熱が溜まらず、冷たい空気を室内に伝えてしまうというデメリットも…。

最も大きな違いは、「冬も効果があるか」という点だと言えます。

中には、遮熱・断熱効果が低い塗料もあるので、あまり聞いたことのない塗料を扱う業者は避けた方が無難でしょう。

外壁塗装業者ベスト5