HOME » 外壁リフォームなんでもQ&A » 外壁に合った色の見つけ方は?

外壁に合った色の見つけ方は?

外壁塗装の色選びのポイントを解説!注意したいポイントや、色選びのコツについてアドバイスします。

色選びのコツ

  • 「面積効果」を知っておこう

まず、頭に入れておきたいのが、外壁は想像以上に大きな面積だということ。色は、小さい面積だと暗く(明度が低く見える)感じられ、大きな面積だと明るく(彩度が高く見える)感じられ、これを面積効果と言います。

つまり、カタログで見る色と、実際に外壁に塗った時の見え方とは、かなりの差が出てしまうのです。

色を選ぶ際には、希望の色よりも少しトーンを下げた濃いめの色を選択するのがコツと言えるでしょう。

  • 同じ環境下で比較をしよう

色選びに使うカラーサンプルやカタログ自体も、照明の当たり方や光源によって発色や質感が異なって見えるものです。

できる限り、外壁と同じ環境である野外で確認するようにしましょう。また、正確な色選びは「大気汚染が少ない晴れた日」に行うのが理想です。

  • サッシやドア枠など、変えない色との相性も考慮する

窓サッシや玄関のドアなど、アルミの部分は塗装をしません。また、建物の形も変えられるものではないので、凹凸などを意識しましょう。

「変えられない部分」とのマッチングを考えるのも色選びには大切なことです。

色の選び方

  • 周囲の緑とのマッチングを考慮しましょう

建物の外壁を塗り替えるということは、その街の景観にも影響を与えます。思った以上に周りへの影響が大きいので、周囲との調和も大切に。

例えば、木や植物がある場合は、植物の葉の色よりも抑えた色を選び、緑を引き立てるとうまく調和します。反対に、原色に近いような色を選ぶと、周囲との差が大きく緊張感のある外観になりがちです。

  • 暗すぎる色は威圧感を与える

建物の色が暗すぎると、威圧感を与えてしまいます。周囲の建物の色と比べて極端に暗すぎる色は避けるようにしましょう。

反対に、明るく見え過ぎるのも周囲から浮いてしまうのでNG。肌の色を基準にすると、ほどよい明るさを選ぶことができるのでおすすめです。

  • 三軒両隣の色まで気を配ろう

周囲の街並みや環境との調和という意味では、三軒両隣まで身渡すのが良いと言われています。選んだ外壁の色で、街の景観がさらに美しくなるかどうかを想像しながら選ぶと良いですね。

色選びの失敗ポイント

  • 自宅の外壁には合わなかった

展示場などでは、実際に建材に塗色したカラーサンプルが並んでいることがあります。でも、そのサンプルを気に入って試し塗りをお願いしたら、なんだかイメージと違った…というケースがあるのです。

業者によっては、A4くらいの大きいサイズのカラーサンプルがもらえる場合もあります。サンプルがもらえる場合は、自宅の壁にあててみると良いでしょう。

  • カラーシミュレーションは参考程度に

業者によっては、パソコンを使ったカラーシミュレーションのサービスを採用しています。

これは、配色を決めたり、色の方向性を絞ったりする時には役立ちますが、パソコンモニターのメーカーによって見え方が変わってきますし、エコモード・通常モードなどの設定によっても発色が変わってきます。あくまで参考程度にとどめておきましょう。

外壁塗装業者ベスト5