HOME » 外壁リフォームなんでもQ&A » 外壁塗装の保証とは?

外壁塗装の保証とは?

 外壁塗装の「保証」はどうやって決まるの?本当に信頼できる?といった不安を解決!外壁塗装の保証について分かりやすく解説します。

気になる保証年数について

外壁塗装業者のホームページを見ると「最長10年の保証付」などというキャッチコピーを見かけますね。

保証と言われると、それだけで安心できるような気持ちになりますが、実は、保証というのは内容によっては全く意味がないことがあるのです。

まず、保証年数と混同されがちなものとして塗料の「耐用年数」があります。

耐用年数は、塗料メーカーが、塗膜の品質が維持できるおおまかな目安として表示しているもので、種類ごとに分けると以下の耐用年数となります。

  • アクリル系:6~7年
  • ウレタン系:8~10年
  • シリコン系:12~15年
  • フッ素系:15~20年

しかし、この耐用年数はあくまで目安に過ぎません。

下地処理を省く、塗料の量が不十分、塗料の回数を減らすといった手抜き工事をした場合は、この耐用年数よりも早く劣化が表れてしまうのです。

これに対し、保証年数というのは、塗装業者が「自社の施工を保証」している年数になりますから、保証は無いよりあったほうが良いのは確かと言えるでしょう。

保証の範囲は「カベ」のみと心得ておきましょう

肝心なのは、その保証が何に対する保証なのかということです。

中には、10年、15年という保証をつけている業者もありますが、ほとんどの場合は壁面の塗膜を対象としたもの。木部や鉄部の塗装、サイディングの継ぎ目のコーキングなどは、2年くらいの短い保証となっています。

例えば、雨水を吸収した木部が腐り、トタンにサビが生えたとしても、保証の対象外です。カベにヒビが入った場合も、建物の構造や地盤、道路工事、地震などの影響を受けやすいため、仮に塗膜が不十分だった場合でも保証の対象外になります。

保証を重視するのであれば、木部や鉄部の保証の年数に着目する方が良いかもしれませんね。

第三者保証について

第三者保証は、その名の通り、日本住宅保証検査機構(JLO)などの第三者機関による現場調査のもと、認められた保証。

建築士の資格を持つ検査院が工事をチェックし、保証期間中に不具合が生じた際に補修費用を保険でまかなってくれる制度です。第三者によるチェックが入るため、工事の質が上がりますし、施工ミスの防止にも繋がります。

さらに、万が一施工会社が倒産しても、会社を通さず直接保険金を請求できるというメリットもあるのです。

外壁塗装業者ベスト5