外壁塗装ビギナーズガイド » 外壁リフォームなんでもQ&A » 外壁塗装の必要性と外壁塗料の種類

外壁塗装の必要性と外壁塗料の種類

家の外装で使われている外壁塗料の役割は、外壁に色をつけることだけではありません。

外壁塗料には防汚や防菌、耐水性といった効果があって、家を守る役割を持っています。ここでは、外壁塗料別の違いと特徴、効果を紹介します。

家を守る効果がある外壁塗料

特に家の基盤である構造体(骨組み)はリフォームするということができません。構造体は補修することはできますが、そっくりそのまま交換するとなると家を建て替えることになってしまいます。

外壁塗装には外壁だけではなく、家を形成する上で重要な構造体を雨風の被害からしっかりと保護をする役目があります。

外壁はそのままだと水に弱い

外壁の素材として利用されているサイディングボードやモルタルなどは、実はそのままだと水に弱い素材です。

こうした外壁素材を水から保護しているのが、外壁塗装となります。外壁塗料には複数種類があって、その種類によって効果の違いなどもありますが基本的な役割は一緒です。

日頃のメンテナンスを楽にしてより長く住むことができる家にするために、外壁塗装は重要な役目を果たしています。

外壁塗料のグレード

外壁塗料は耐久性によってグレード分けされていて、アクリルやウレタン、シリコンといったさまざまな種類があります。最近ではアクリルやウレタンよりも耐久年数の高い、シリコン塗料が一般的です。

シリコンよりもグレードが上の外壁塗料では、各面で他の外壁塗料を上回っているフッ素加工があります。また、ホコリや汚れを分解し、雨水で洗い流すセルフクリーニング効果を持った光触媒塗料といった塗料というものもあります。

しかしながら、フッ素塗料や光触媒塗料はシリコン塗料と比べても値段が高いです。

シリコンに代わるラジカル塗料

最近では、新しくできた塗料である「ラジカル塗料」が注目を集めています。価格はシリコンよりも高く、フッ素よりも安くと丁度中間のような位置づけですが水やUVや、酸素による劣化を防いでくれます。

現在ではシリコンが主流とされていますが、コストパフォーマンスの良さからこのラジカル塗料を主流にしようという動きもあるほどです。しかしながら、ラジカル塗料はまだ開発されたばかりの塗料でその実績は少ないです。そのため、まだ導入している業者が少ない塗料になっています。

外壁塗装で使用する外壁塗料のQ&A

Q.外壁を塗装してから乾燥するまでの時間は?

A.外壁塗装の乾燥というのは、塗料の種類や気温によって差がでます。そのため一概にどのくらいかかるという具体的なところは言えません。一例として、23℃の気温では乾燥までに3~6時間ほどかかります。

Q.赤ちゃんや高齢者、ペットなどに被害はないか?

A.外壁塗装は室外の塗装になるため、室内にいる赤ちゃんや高齢者、ペットに被害はありません。ペットを室外で飼っている場合でも、外壁塗料に含まれる揮発性物質は大気中に核酸されるため、揮発性物質が留まって害をなすということはありませんので安心してください。

Q.化学物質過敏症やシックハウス症候群でも健康に被害はないか

A.化学物質過敏症の人やシックハウス症候群の人で、室外塗装の際に影響がでないか心配する人は多いです。しかしながら、外壁塗装は外で行われるので室内には特に問題がありません。

最近では揮発性有機化合物の少ない塗料も開発されているため、心配であればこうした塗料を選択するというのも1つの手です。

外壁塗装業者が使用する塗料に注目

防菌や耐火といった塗料の効果はとても重要ですが、地域に合わせた塗料選びを行うことを忘れてはいけません。

たとえば、立地が海に近い場所の場合は塩害を注意する必要があります。塩害は外壁にもダメージを与えやすいため、通常の外壁塗料では剥がれやすくなってしまいます。

塩害の影響がある立地条件の場合に適しているのは、フッ素加工などの耐久性の高い塗料です。こうした地域特性というのは熟知していない業者に任せてしまうと、せっかく外壁塗装をしてもらったのにすぐにやり直すことになりかねません。

海外製の塗料に注意

また、こうした業者は海外製の安価な塗料を利用している場合などもあります。

海外製の塗料はその国の気候に合わせて開発されているため、日本の紫外線や温度、湿度に合わない可能性が高くなってしまいます。

地域特性をしっかりと把握し、外壁塗料の種類にも詳しい業者を選ぶようにしましょう。念のため、外壁塗装を行ってもらう際に外壁塗料のメーカーを確認しておくと安心です。

外壁塗装業者ベスト5