HOME » 外壁リフォームなんでもQ&A » 屋根の塗り替えってしない方がいい?

屋根の塗り替えってしない方がいい?

屋根の塗り替えについて、メリット・デメリットを調査しました。塗り替え時期のチェックポイントもご紹介します。

屋根塗装をする必要性

屋根塗装はただ見た目を綺麗にするだけでなく、住まいの性能を保つためにも必要不可欠です。古くなった屋根をそのまま放置していると雨漏りが発生する可能性が高くなるばかりでなく、屋根の葺き替えが必要になるなど、大規模な修繕に至ることもあります。

紫外線や雨風の影響を外壁以上に受けているのが屋根です。建物を守るためにも定期的な塗り替えを心掛けたいものですね。

屋根塗装のメリット

屋根塗装には、次のようなメリットがあります。

  • 防錆性が高まる
    棟板金やトタン屋根のサビの発生を抑えます。
  • 防水性が高まる
    将来の雨漏りリスクを減らせます。
  • 屋根材を保護できる
    瓦をとめている釘など、金属の腐食を防ぎ、屋根の葺き替え工事を遅らせることができます。
  • 抗菌性が高まる
    コケやカビの発生を食い止めます。
  • 遮熱性・断熱性が高まる
    太陽光を反射させ、一年中快適な室温が保つことができます。

屋根塗装のデメリット

メリット盛りだくさんの屋根塗装ですが、実はデメリットやリスクも存在します。次のような点に注意しましょう。

  • 雨漏り
    経験の浅い職人によくある失敗として「塗料の塗り過ぎ」が挙げられるそうです。塗料を塗り過ぎてしまうと、屋根板同士がくっついてしまい、板の隙間にはいった雨水の出口がなくなり内部に溜まり続けてしまうのだとか。そして、内部の劣化を早めてしまうのです。
    このようなトラブルを防ぐためには、「縁切り」という隙間を作るひと手間を加える必要があるそうですが、手抜き業者や低賃金で請け負っている下請け業者の場合は、このような細かい工程を省いているケースもあるそう。
    トラブルを回避するためにも、業者選びは慎重に行いましょう。
  • すぐに塗装がはがれる
    こちらは塗装前の下処理として行われる高圧洗浄やさび落とし不足や、屋根材との相性が良くない塗料を使用する選択ミスによって起こります。

屋根の塗り替え時期を簡単に見分ける方法

屋根は一般的に、築10年で塗り替えるのが良いと言われていますが、それはひとつの目安。場合によっては、8年で塗り替えが必要なケースや、10年でもまだ塗り替えが必要ないケースもあります。ましてや、屋根の状態はなかなか自分で確認することはできません。

そこで、塗り替え時期を判断する分かりやすいポイントとして、次のようなチェック項目をレベル別に分けてみました。

  • レベル1:塗装の艶があるか
  • レベル2:以前よりも色が薄いかどうか
  • レベル3:屋根が白くなっていないか(チョーキング現象)
  • レベル4:屋根が黒ずんだり赤くなっていたりしないか
  • レベル5:塗装が剥がれ、屋根材が見えていないか

いかがですか?

レベル4以上になると屋根自在自体にも水が含まれ、劣化している可能性が大きくなります。レベル3くらいが塗り替えに最適な時期なので覚えておくと良いでしょう。

自分自身で屋根の状態を見られない場合は、無理せず業者に調査を依頼してください。

外壁塗装業者ベスト5