HOME » おさえておきたい外壁塗装のキホン

おさえておきたい外壁塗装のキホン

外壁塗装は、建物の外観と構造の劣化を防ぐために必要な住まいのメンテナンス。新築時はピカピカだった住まいも、5年、10年と経過するうちに色あせやひび割れが生じてくるようになります。

その劣化を放っておくと、住まいの腐食が進行し、建物の寿命を縮めてしまう恐れがあります。大切な住まいの資産価値を維持するためにも、定期的な外壁塗装は必要不可欠なのです。

外壁塗装工事では何をするの?

外壁塗装は10年ごとに行うのが理想です。2回、3回とメンテナンスを行っている方も少なくありませんが、初めての方は、実際にどんな工事をするのか想像がつかないのではないでしょうか。

家の大きさにもよりますが、外壁塗装は1週間ほどの期間で行います。

工事では、ただ塗料を塗るだけでなく、高圧洗浄で汚れやカビを落としたり、ひび割れや剥がれを補修したりする作業も行うのです。塗装は基本的に、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りで、どの工程も仕上がりと耐久性に関わる大切な作業です。

なかには「下塗りをしない」という業者もあるようですが、長期的に考えると不安なのでしっかり3度塗りをしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

的確な塗装工事をするために

外壁塗装は、価格相場が決まっているサービスとは異なり、使う材料や工法、業者によっても価格がまちまちです。そのため、どんな材料でどんな工事をするのかなど、疑問を持ったまま業者に依頼してしまい、後悔する方が後を絶ちません。

外壁塗装は、下記を満たして初めて適正な工事ができます。

  • 適正な塗り替えタイミングで
  • 仕上がり等の要望を満たす塗料で
  • 建物の症状に適した工程で
  • 工事費用と質が見あった価格で行われる

塗り替えの必要がないのに無理やり塗り替えを進めたり、安価な材料を高級塗料だと偽ったり、工程を抜く、価格が安すぎる・高すぎるなど、工事の質に見あわない価格を提示するような業者は要注意です。 

このような業者に依頼してトラブルに巻き込まれないためにも、まずは工事を依頼する施主側が外壁塗装の知識を深め、工事を進めるうえで自ら方法を選択できるくらいの情報を持っておきましょう。

外壁塗装業者ベスト5