外壁塗装ビギナーズガイド » おさえておきたい外壁塗装のキホン » DIYでの外壁塗装~綺麗に仕上げる手順とは~

DIYでの外壁塗装~綺麗に仕上げる手順とは~

自分で外壁塗装を行う際の問題点

DIYが好きな方は、外壁塗装を自分でしたいと考えると思います。思い通りの色にしたり、塗料にこだわったりとDIYなら、楽しく塗装が可能です。

しかし、DIYで外壁塗装する際は、案外注意が必要になります。

例えば、費用対効果です。

DIYで外壁塗装をする場合、人件費がかからず材料費だけで行えるので、安く済むと思われますが、仕上がりはやはりプロにはかないません。

無知の状態で外壁塗装を行ってしまうと、必要な工程や処理をしていないため、雨漏りや劣化に繋がるリスクもあるということを覚えておきましょう。

また、高い所での作業は、落下の危険性も考えられます。軽い怪我だけで済めば良いのですが、命を落とした事例も報告されているので、しっかりとした安全対策を行ってDIYをするようにして下さい。

では、外壁塗装をDIYする際の注意点や、手順などを確認していきましょう。

DIYで外壁塗装をするなら足場から用意する

外壁塗装を行う際は、足場が必要になります。自分で用意できる物といったら、脚立やハシゴになりますが、それだけでは不十分です。

近年は、DIYが趣味という方が多くなっていて、レンタルの足場なども存在しています。しかし、自分で足場をレンタルして組み立てるのは、とても大変です。安全面から見ても、不安になります。

実は、足場だけを業者に依頼して組んでもらうことも可能です。

では、外壁塗装で使う足場には、どのような物があるのでしょうか。足場の種類を確認してみましょう。

単管足場

単管パイプを組み立てて作る足場です。ひと昔前までは、主流となっていた足場で、2本の単管パイプの上に乗って作業を行います。

単管足場は、建物の形に合わせて組むことが可能で、狭い場所でも足場を設置することが可能です。しかし、他の足場に比べ足元が不安定で、ハケや塗料を置いて作業することができません。

単管ブラケット足場

単管パイプに、「ブラケット」という足を乗せる板を、ボルトで固定して作る足場です。

単管足場よりも安全性がある足場ですが、単管パイプとブラケットを1つ1つボルトで固定するので、設置・解体に時間がかかります。

クサビ足場

支柱とブラケットを、ハンマーで叩いて組み立てて作る足場です。接続部分は、凹凸になっていてそれをハンマーで叩いて固定します。

クサビ足場は、安全で組み立てやすいので、現在主流となっている足場です。ハンマーで叩く時にカンカンと音が響くので、足場を組む前には、近隣に話をしておくことをオススメします。

足場は、外壁塗装を行う際の基本です。DIYをより安全にするためにも、脚立やハシゴなどの代用品ではなく、しっかりとした足場で作業を行うようにして下さい。

自分で用意する道具

外壁塗装に必要な道具は、塗料をローラーだけではありません。外壁塗装のプロでも、たくさんの道具を使って作業を行っています。

では、DIYで外壁塗装を行う場合、どのような道具が必要になるのでしょうか。ここでは、DIY塗装に必要な道具を紹介していきます。

DIY塗装に必要な道具

  • ローラー
  • 刷毛
  • マスカー
  • ブラシ
  • 下げ缶 (刷毛を入れておく缶)
  • 下塗り塗料
  • 仕上げ塗料
  • マスク
  • 雨合羽
  • 安全足袋
  • 安全ベルト
  • ヘルメット

ローラーは、外壁塗装を行う際に良く使用する道具です。種類も豊富で、塗装を行う場所や用途に合わせて選ぶようにしましょう。

また、刷毛は大きさが異なる物を2~3本は用意しておくと便利です。

DIYで外壁塗装を行う流れ

足場を組み道具が揃えば、DIYで外壁塗装が開始できます。

でも、塗料を塗れば良いというわけではありません。外壁塗装には、手順があり、その際に注意するポイントがあります。

しっかりポイントを押さえていなければ、仕上がりに大きな差が出てしまうことにも繋がります。失敗しないためにも、外壁塗装の流れやポイントを学びましょう。

外壁塗装の流れ【DIY編】

1.外壁の洗浄

外壁に汚れが残ったまま塗装を行うと、塗りムラに繋がり、塗料が剥がれやすくなってしまいます。高圧洗浄機などを使用して汚れを洗い流し、苔などがある場合は、ブラッシングして落として下さい。

また、以前の塗膜はサンドペーパーで研磨し落としておくと、塗装しやすく仕上がりも綺麗になります。

2.養生

窓やドアなどの塗装しない部分や、室外機などの塗料が飛び散って汚れるのを防ぎたい部分をマスカ―で保護します。

マスカーの代わりに、ガムテープや新聞を使って養生をする人もいるかも知れませんが、オススメできません。専用の道具を使用して養生するようにして下さい。

3.外壁の修復

外壁に隙間がある場合は、コーキング作業が必要になります。残っているふるいコーキングを綺麗に剥がして、新しいコーキング剤を流し込んで補修しましょう。

この作業を怠ると、外壁の隙間から雨水が入り込み雨漏りの原因になるので、しっかりと行って下さい。

4.塗装

上記の作業が終われば、いよいよ塗装作業になります。塗装は、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗るのが基本です。塗料は、重ね塗りをする前提で作られており、それで耐久性も高くなります。

塗装作業の注意点は、塗料がしっかりと乾いてから重ね塗りすることです。塗料によって乾燥時間が決められているので、それを守って塗装を行いましょう。

5.養生や足場の撤去

塗装が終わったら養生を外し、足場を撤去します。養生のテープ跡が外壁に残らないように、丁寧に外して下さい。

足場の撤去は、業者に確認して安全に気をつけて行いましょう。

外壁塗装を上手く行うには

外壁塗装は、塗るだけの作業ではありません。DIYで外壁塗装を上手に行うには、ポイントやコツがあります。

Q.どのような日に外壁塗装をしたらいいですか?

A.天気が良い日に行うようにしましょう。雨の日や湿度が高い日は、塗料が乾きにくく乾燥させるのに時間がかかります。また、塗膜が濁ることもあるので注意が必要です。

他にも、気温が低すぎても塗料が乾かないことがあります。なので、DIYで塗装する場合は、晴れた日の日中に行うのがベストです。

Q.刷毛で塗る時はどのように使用したらいいですか?

A.新品の刷毛を使用する場合は、使用前に刷毛をしごいて余分な毛を落としておきます。その後、塗料をたっぷり含ませ、下げ缶のフチで塗料の量を調整して下さい。

この時、刷毛に空気が入っていると外壁に塗料を塗った際に気泡が入ってしまうので、下げ缶のフチで空気を抜くことを忘れないようにしましょう。塗装する際は、刷毛の先がまっすぐになるように持つようにしてください。

塗装の手順としては、塗りにくい箇所から塗りやすい箇所へ、上から下または奥側から手前側に塗るようにしましょう。

大掛かりな施工はプロに任せる

外壁塗装は、DIYで行うには大掛かりな作業になります。DIYの腕や、天候によっても異なりますが、外壁塗装を自分で行うと最短でも3ヶ月程度はかかるようです。

日曜大工程度の施工であれば問題はありませんが、住宅全体となると塗装面積も大きくなります。誤った方法で塗装してしまうと、住宅に大きなダメージを与える恐れもあります。

そのため、作業に少しでも不安や危険を感じたら、業者に依頼するようにして下さい。

外壁塗装業者ベスト5