HOME » おさえておきたい外壁塗装のキホン » 外壁塗装の必要性とタイミング

外壁塗装の必要性とタイミング

外壁塗装の必要性と塗り替えの最適な時期、塗り替えのサインなどをまとめました。

大切な住まいを守るために必要性の高い外壁塗装

家族の暮らしを守る大切な住まい。その住まいは屋根や壁によって守られていますが、その屋根や壁を紫外線や雨、砂ほこりなどから守っているのが外壁塗装です。

これは、1mmにも満たない薄い塗膜で、耐用年数は10年程度が一般的。使用している塗料によって多少の差はあるものの、最も品質が高いと言われるフッ素塗膜塗料でも耐用年数は、15年前後だと言われています。

屋根や壁を守る塗膜が劣化してしまうと、雨や湿気などの水分の新入を防ぐことができず、防水効果が低下したり、外壁にひびが入ったりします。さらにひび割れした箇所から汚れや雨がしみこみ、外壁内部の腐食が進行してしまうのです。

外壁内部の腐食が木材部分まで及ぶと、断熱性も弱まり光熱費が上がる、建物の強度が下がる、雨漏りが起こる、家が傾くといった取り返しのつかない状態に。この状況になってしまうと、建材の取り替えが必要になるため、リフォームの費用も当然高額になります。

外壁塗料は、単に住まいの美観を保つだけでなく、建物自体を守るという重要な役割を担っているということを頭に入れておきましょう。

外壁塗装は10年ごとが目安

上記のような理由から、住まいを守るためにも「外壁塗装は10年ごとに行うのが理想」と言われています。

ただし、これはあくまで目安で、もともと使われている塗料や外壁材の種類、日当たりなどの立地条件によっても劣化の進行具合は異なりますし、同じ建物であっても湿気のこもりやすい北側が劣化しやすいといった違いがあります。

また、外壁と言っても、それぞれの部位によってメンテナンスサイクルの期間が微妙に異なります。

  • 吹き付け:6~10年
  • サイデイング:10年
  • ALCパネル:10年

そろそろかも?と思ったら!塗り替えサインをチェックしよう

では、どのような状態になったら塗り替えが必要になるのでしょうか。外壁のチェックポイントをご紹介しましょう。

  • チョーキング
    壁の表面を手でこすった時、白い粉が手につきます。表面が白化しているサインです。
  • 藻やカビ
    太陽光が届かず、湿気がこもりやすい壁面に生じやすいでしょう。
  • 色あせ
    日光が当たる南側から色あせが目立ってきます。
  • ひび割れや亀裂
    紫外線を浴び続けたことによる経年劣化のサインです。
  • ヘアクラック
    微細なひび割れのことです。
  • はがれ
    新築時に下地処理が適切に行われていないと、表面の塗膜がはがれてきます。

上記のどれか1つでもあてはまる場合は、塗り替えの時期と言えるでしょう。早めに外壁診断を受けて、住まいの状況を把握しておきましょう。

外壁診断を依頼するなら!コスパの高い業者ベスト5

外壁塗装業者ベスト5