HOME » 絶対に失敗しない外壁塗装業者の選び方 » 大手メーカーやリフォーム業者と専門業者の違い

大手メーカーやリフォーム業者と専門業者の違い

塗装工事を取り扱う業者の種類や、大手メーカーと塗装専門業者の違いについて解説します。 

塗装工事を手掛ける業者の種類

外壁塗装を取り扱う業者は、ハウスメーカー・建設会社・工務店・営業代理店・リフォーム専門業者・ホームセンター・塗装専門業者などさまざま。

どの会社形態を選ぶかによって、工事の内容も価格も変わってきます。

ハウスメーカーや建設会社

自社施工ではなく、下請け業者に工事を依頼するケースが多い。

営業担当にもよるが、塗装の専門知識に乏しく、見積もり内容と実際の工事の内容とに乖離が生じることも。

広告費や営業人件費などが発生するため価格が高め。

営業代理店

訪問や電話での営業によって受注し、下請け業者に工事を発注するため、自社の商品を売るセールストークに長けている。

反面、塗装全般の知識については乏しいことも。

塗装専門業者

ほとんどが自社施工で行っているため、中間マージンが発生しない。

工事の手抜きがない。塗装に関する専門知識が豊富といった特長があります。

ただし、規模の小さな会社の場合は営業担当がおらず、デザインのアドバイスや、接客など細かな配慮に欠けることもあります。

塗装専門業者以外は、下請け業者が塗装する場合があり、工事費用が高くなります。

しかし、高い=NGと決めつけてしまうのは少々乱暴です。専門業者にも、それ以外の業者にもメリット・デメリットがあります。よく理解したうえで、最適な業者をお選びください。

大手メーカーvs塗装専門業者:それぞれのメリット・デメリットを分析!

メリット・デメリットの代表的な例として、大手メーカーと塗装専門業者を比較してみました。

大手メーカー

価格の高さがネックではありますが、安定した企業ならではのメリットもあります。

メリット

  • 保証制度やアフターフォローの仕組みが整っているので、万が一、不具合が生じた場合も安心。
  • 下請け業者への教育や工程の周知が行き届いている。
  • 営業担当によるきめ細かな提案を受けることができる。

デメリット

  • 下請け業者に支払う費用など、中間マージンが発生するので高額になる場合が多い。
  • 多額の宣伝費をかけているため工事費用が割高になる。
  • 営業マンによって、商品知識や提案力の差がある。

塗装専門業者

業者によってはきめ細かなサービスが受けられない場合がありますが、自社施工なので適正価格で施工できる点が魅力です。

メリット

  • 自社施工なので中間マージンが発生しない。低価格で施工できる。
  • 塗装の専門知識に長けている。建物の状態に適した工事を提案してくれる。
  • 塗料や工事の品質が良く、仕上がりや耐久性に優れている。
  • 打ち合わせと現場での行き違いがなく、契約後のトラブルが起こりにくい。

デメリット

  • 営業担当がいない場合があり、サービス面では大手メーカーに劣ることも。
  • パンフレットや資料、ホームページが充実していないことがある。
  • 工事内容にこだわるため、工期が延びることもある。

選ぶならやっぱり、塗装専門業者!

最終的に選ぶなら、やはり塗装専門業者に依頼するのがおすすめです。

下請け業者へのマージンや、宣伝費、人件費など、余計な費用が上乗せされず、適正価格で高品質な工事を提供してくれるのは専門業者のほかにありません。

また、自社施工なら、見積もりから施工、アフターフォローまですべての工程を一貫してお任せできますが、下請け業者の場合は、元請けから指示された以外の事は基本的に行えないという事情があるため、なにか変更や不具合が生じた場合も、すべて元請けを通さなくてはならず、本来の実力を発揮できない場合もあるのです。

このような事情があるにせよ、自社職人を抱えている業者は、塗料や工事の品質にもこだわりを持ち施工を行っていることは確かです。

外壁リフォームは決して安いものではないので、塗装のプロへの依頼をおすすめします。

品質にこだわる外壁塗装業者の比較調査リストはこちら

外壁塗装業者ベスト5