HOME » 絶対に失敗しない外壁塗装業者の選び方 » よくあるトラブル事例集

よくあるトラブル事例集

外壁塗装・リフォームで起こりがちな工事トラブル事例をまとめました。トラブルを防ぐポイントもご紹介します。

工事トラブルが起こりやすいポイント

外壁塗装の失敗には必ず原因があります。工事トラブルが起こりやすいポイントをおさえておきましょう。

リフォーム業者選びを失敗してしまう

あらゆるトラブルの根源になります。訪問営業マンが訪ねてきて話を聞いたら不安になって…、モニター価格で半額になるって聞いて、つい…という理由でリフォーム業者を安易に決めてしまったがために、高額で低品質な工事になってしまったという例は多く存在します。

数年後、下地が浮き上がり業者に問い合わせてみるとその電話番号は既に使われていないというケースもよくある話です。

近隣への配慮に欠けてトラブルに

しっかりした会社であれば塗装工事の前に近隣の方へ挨拶に回ってくれます。

ところが、挨拶を省き工事を始めてしまったがために、「塗料の匂いで洗濯物が干せない」「業者の車が邪魔で車の出し入れに苦労した」などのクレームが生じることも。

何も知らされずにリフォームが始まると些細なことでも気になってしまうものです。リフォーム前の挨拶はお忘れなく。

思っていた仕上がりと違う

塗装の色を決める時には塗料の色見本を参考にします。何十色という中から一つに絞り、完成を心待ちにしていたのに…、仕上がったらイメージと全然違う!このようなケースは優良業者でもとても多いようです。

色見本は、小さいので実際よりも落ちついた色に見えます。実際に塗った色は明るく鮮やかに見えるということを頭に入れておきましょう。

また、イメージによる塗り直しは業者に嫌がられます。外壁の色を決めたら試し塗りをして、業者側とイメージをしっかり共有しておくことが大切です。

塗装後、まもなく塗装がはがれた

塗装してから1年以内に塗料がはがれる、膨れる、色あせが起こる場合は、業者の施工ミスです。

色あせは、下塗り・上塗り塗料が不十分、塗料をしっかり混ぜずに使ったなどの可能性があり、剥がれや膨れは、高圧洗浄不足、ケレン(さび止め)が不十分、下地処理が甘いなどの理由が考えられます。

契約前には必ず、「実際に作業をするのはどの業者のどんな人なのか」、「塗料は何度塗りなのか」「塗料は何缶使うのか」などを確認するとともに、作業工程ごとに写真を残してもらうようにお願いしましょう。

実際にあった!外壁塗装のトラブル事例

大幅値引きにつられて契約して大失敗!

訪問セールスに来た塗装業者に、「近くで塗装をしているから今なら半額で工事できる」とのこと。工事後の保証も10年と長いし、営業マンも信頼できそうなので工事を任せることに。ところが、3年後、下地が浮き上がり、サビが出てくるように…。聞いていた年数よりも早く劣化してきたので業者に問い合わせたら会社は既に倒産。その後も連絡がとれませんでした。別の塗装店に状態を見てもらったら、見積もりとは別のグレードの低い塗料を使っていてサビ止めをしていなかったことが分かりました。

塗装工事のせいでお隣さんの車が…!

塗装工事の車両をお隣の家の前に置かせてもらうことになったので、もちろん挨拶済み。
お隣の車を出し入れできるように、工事車両は車庫から少しずらして停めていましたし、お隣さんとは普段仲良しだから「何か都合が悪かったら言ってくるだろう」と思っていました。
ところが工事が終わってから「お隣さん、工事車両の車が邪魔で車庫入れに失敗して修理に出したらしいわよ」と近所の方から話を聞いて愕然…。
すぐに謝罪に行き修理の一部を負担することで丸く収まりましたが、工事の配慮が足らなかったと猛省でした。

予定外の追加費用が発生…

これまで20年間外壁を放置してきた我が家。
外壁工事がはじまると細かいヒビ割れが多数起きていることがわかり、当初の予定よりも大規模な補修がかかることに…。
もともとの塗装が劣化し、内部の腐食が進行していたそうです。こんなことなら、定期的にメンテナンスしておけばよかったと後悔です。

追加費用を請求された

工事が終わりひと安心…と思ったら高額な追加料金を請求されてしまった、というケースも多々あります。
現地調査には必ず立ち会い、不具合が指摘された箇所を一緒にチェックしてメモしておきましょう。塗装中に不具合を指摘されても、現地調査で見落とした業者側の落ち度ではないかと言えるからです。
また、契約をする際、追加料金がかかる場合の状況や費用の目安を聞いておくようにしましょう。

優良業者を選べばトラブルを回避できる

どうでしょうか?こうしたトラブル事例を見て行くと、いかに業者選びが重要か、そして定期的なメンテナンスが必要かおわかりいただけるかと思います。

適切な塗り替え時期に、信頼できる塗装業者に依頼する。シンプルですが、この二つのポイントは外壁塗装を成功させるために必要不可欠なのです。

業者を選ぶ際、金額だけで決めてしまう方もいますが、安くても質の高い工事をしてくれる業者もれば、高い上に手抜き工事をする業者もいます。

営業担当者や金額などの表面で業者を比較するのではなく、会社の体勢や工事内容も含めてじっくり検討しましょう。

安心して任せられる外壁塗装業者を調べて比較しました

外壁塗装業者ベスト5