HOME » 知らないと損! 外壁塗装の費用まるわかり講座

知らないと損! 外壁塗装の費用まるわかり講座

外壁塗装の費用はどう決まる?見積もりを依頼する前に知っておきたいポイントをまとめてみました。

外壁塗装で損をしないために

外壁塗装に限らず、リフォーム全般に言えることですが、工事の適正価格は不透明な部分が多く、業者から出された見積もりを見ても、妥当な金額かどうかを判断するのは難しいものです。

使う塗料や、塗装面積、もともとの壁の状態によっても、価格は上下します。だからこそ、外壁リフォームで損をしないためには、「どんな工程に、どれくらいの費用が発生するのか」の目安を頭に入れておくことが大切なのです。

一方、悪徳業者の場合、「施主の知識が無さそうだから」と、利益をたくさん得られるような見積もりを出したり、最初は低い見積もりを出しておいて後から追加請求したりするのが手口のひとつ。

このようなトラブルを防ぐためにも、外壁塗装にかかる費用について、最低限の知識を持っておきましょう。

業者によって「見積価格」が違う理由

外壁塗装の見積もり内容は各社さまざま。金額にバラつきがあるので、知識がないうちはどの会社が適正価格を提示しているのか検討もつかないはずです。なかには、数十万円の違いがある場合も…。

「見積書の内容が良く費用も手頃」だとしても、見積書の内容どおりに工事が行われないと意味がありません。一方、見積もりが高すぎる場合は、利益を上乗せしているケースが考えられます。

もちろん、一概に高いからダメではなく、精度の高い工事を行うために質を重んじた原価を反映している場合もありますし、安いからといって業者が努力した結果ではなく、工事の質を落としている場合もあるというわけです。

外壁塗装は、未完成の状態で見積書から、仕事に対する姿勢や熱意をいかに見抜けるかどうかが、納得できる工事のカギとなります。

低価格でも質の高い工事をしてくれる業者とは?

価格が安いと「手抜き工事をされるのでは」「人件費を削っているのでは」など不安になるかもしれません。

しかし、優良業者で多くの施行を請け負っている場合は、その分、塗料を大量一括購入することでコストダウンできるため、より低価格で施工することができます。

見積書を見る時は、このように業者の実績も加味してみると、より的確な比較ができるでしょう。

また、見積書をもらったら「なぜ、この項目にこれだけの費用がかかるのか」を業者に直接質問してみることも大切。

業者をより的確に比較するためにも、工事費用の計算方法や、施行に関わる費用の内訳なども事前に勉強しておいてください。

外壁塗装業者ベスト5